セルフリノベは楽しい!

2015.06.19

第9回のリノベーションスクール@北九州(以下、スクール)でも、建物のセルフリノベーションコースを実施します。
前回の2月に行われた第8回のスクールでは、2階建ての昔ながらの家屋に、
こじんまりとしながらも、立派な太陽光発電を設置したり、
空き缶を利用した温風装置、断熱効果を高めるために、ダウンジャケットやセーターを詰め込んだ二重構造にした壁。

(スクールのウェブサイトで集めたダウンジャケットやセーターを募集しました。ご協力いただいた方々・企業様、有効に活用させていただきました。本当にありがとうございます。)

見事に、断熱効果が高まり、「エコな暮らし」を実現する部屋へとセルフリノベーションされました。
 
しかし、前回のスクールは2月のこと。
だんだん暑くなってきている北九州です。
「いまごろ、どんな暮らしをしているの!?」
と気になっている方もいるかもしれませんね。
そこで、住人の方に暮らしやすさ・住み心地を聞いてみました。
0
0
0
0
0

初めまして、住人です。
3月に引っ越しをして、約3ヶ月間、この家で暮らしています。

家にいる時は、ほとんどを2階の断熱改修された部屋で過ごしています。
本当に気持ち良く、居心地が良い部屋なので、気づいたら2階にいる、という感じです。
2階は6畳+2畳程の板の間スペース+ベランダという間取りで、東と南に窓、西にベランダに続く入り口があります。
引っ越し当初の寒い時期は、断熱した壁と二重窓と空き缶ヒーターの温風とで、1階と比べ2階は明らかに暖かく保たれていました。
日当りのとても良い部屋なので、夏に向けて暑くならないか心配でしたが、建物の熱が部屋の内側まで伝わってこないので、日中にこもった空気も窓を開けるとすぐに涼しくなります。
この家に越してきて、空調機器はまだ一度も使っていません。
また、2階の照明と電子機器の充電はソーラーパネルで発電した電気でほとんどまかなうことができており、月の電気代は約800円程です。
初めて2階の照明をつけた時は「電気がついた!」と、本当に発電している実感が湧いて、とても感動しました。

自分の手でつくるという喜びや楽しさは、なにものにも代えがたいものだと思いますが、リノベーションスクールのセルフリノベーションコースでは、それを共有できる仲間を見つけることができます。
この家をつくってくださったユニットメンバーは、未だに家のことを気にかけてくださったり、内装のDIYに参加してくださったり、メンバー同士お互いのワークショップに参加し合ったり、確実につながりが続いています。
このつながりは、本当に大切な財産だと感じます。

この家に暮らし始めて、「自分でここまでできるんだ」「こういう暮らし方もあるんだ」という、自分の中に今までなかった可能性に気づくことができました。
目に見えるものに加え、見えない大切なものもたくさんもらいながら暮らしていると感じています。

0

電気代、800円ですか・・・。
内装もとってもかわいく仕上がっています。

セルフリノベーションコースは、第9回も断熱改修にチャレンジしたセルフリノベーションを実施します。

なんだか1人で始めるのはなかなか勇気が・・・
だったらセルフリノベーションコースに参加して
みんなでやってみませんか?


もちろん、クロス張り、塗装、床張りetc...
たくさんの技術が身につくプログラムを実施しますので、ご興味ある方はぜひ北九州へお越しください。

少しの勇気で一歩踏み出してみれば、全国にDIY仲間ができるはずです。
ご応募お待ちしています!

上へ